山口達也事件、ジャニーズ事務所はTOKIOに責任被せ「公開処刑」 メリー副社長らは責任逃れ

ニュース全般

更新日:

「脱退の意思をメンバーに告げるのはわかりますが、退社の意向もメンバーに任せるのか。通常は会社なり、マネージャーなりに伝える。ジャニーズ事務所は、この問題を“TOKIOの問題”として収めようとしているようにみえる」・・




山口達也事件でジャニーズ、TOKIOに責任被せ「公開処刑」

芸能界関係者 「会見を見てもわかるように、TOKIOは責任感が強い。それを良いことに事務所が責任を放棄してはいけない。メンバーにメンバーの保護義務があるわけではない。メンバーを管理するのは事務所の仕事ですよ」

テレビ局関係者 「ジャニーズ事務所の社長はジャニーさんですが、彼は育成中心。マスコミ対策も含めた管理面はメリー喜多川副社長の仕事です。

ジャニーズはこの役割分担で何十年もやってきた。それなのに、メリーさんは自分が困った時には出てこず、ジャニーさんにコメントを出させ、メンバーに丸投げして責任を被らせる。TOKIOの担当であり、メリーさんが次期社長と明言している藤島ジュリー景子副社長も公式コメントを出さない。彼女の管理責任も問われるべきです」

・話題となっている TOKIOメンバーの会見

会見でこの点を問う記者がいてもおかしくなかったが、メリー氏とジュリー氏に関する質問は出なかった。

「挙手をした記者のなかから司会者が選んだのは、テレビ局とスポーツ紙、福島民友だけ。ジャニーズが懇意としているメディアだけに絞っている。世論を納得させたいなら、最も敵対している『週刊文春』などにも質問をさせるべきだった。

SMAP解散騒動の時は、責任をすべてメンバーに押し付けるかたちでテレビ番組で謝罪させ、世間から“公開処刑”との批判を浴びました。あれだけの批判を浴びたのに、今回はTOKIOのメンバーに大勢のマスコミの前で謝罪させ、事務所はダンマリを決め込む。ジャニーズの体質は何も変わっていないことを示しています」・・

・メリー喜多川副社長

・TOKIO会見 テレビには写らない本音
















-ニュース全般